自力だと怪我する可能性が否めないのでプロへ要相談【イタチ退治はレベル高め】

退治のプロ

一軒家

イタチは元々、低山や平野に生息する細長い生き物です。人間がそれらの場所に家などを建ててしまったばかりに、イタチは民家の屋根裏に潜むようになっているのです。アレルギー症状を起こさない内に退治した方がいいでしょう。

詳しくはこちら

手続きが必要になる

イタチ

イタチは獰猛で何でも食べる雑食性の他に、寄生虫を体に宿しているので、うかつに近づく事が出来ません。退治する場合には、鳥獣保護法で守られているので、事前に役所への申請が必要になります。

詳しくはこちら

学習能力が高い生き物

作業員の男性

イタチは、案外優れた知能を持った生物です。そのため、中途半端な退治用具を設置したとしても、警戒心を煽って余計に退治が難しくなるのです。そのために、性能の良いケージや忌避剤、そして光のちからによる忌避装置を使用しましょう。

詳しくはこちら

業者の力が頼り

女性作業員

イタチの退治は、慣れていなければ難しいものです。なぜなら、イタチの生態が大きく関連しているからです。イタチは、オスが体格が大きく、メスが比較的小柄なのです。しかも、厄介な制限があり、退治していいのがオスだけなのです。イタチのメスは、非狩猟獣のため、捕獲は勿論、退治も禁止されているのです。そのため、見慣れていないとイタチのオスやメスの判別をするのは難しいでしょう。かと言って、退治と言っても雌なら捕獲して追い出せば話は早いですが、イタチの体にはノニやダニなどの寄生虫がたくさん付着しているのです。しかも、何処かしらで捕食したネズミや動物の死骸にあふれた巣となっている場合もあるので、強烈な死臭の匂いに苦しめられるでしょう。なので、一応ホームセンターなどで退治用道具は多数販売されていますが、なるべく自力でやらない方が身のためと言えます。
イタチの退治に長けた専門の業者が存在します。その業者は、イタチが出没しそうな山間の地域だけを専門としている訳ではありません。出没被害がでたところなら何処にでも駆けつけてくれます。しかも、全国各地の依頼を受けているので、何処に住んでいても気軽に利用することが可能です。しかも、退治依頼をする際の電話も、通話料無料で業者スタッフと話すことができるので、通話時間を気にせずに今の被害状況を伝える事が出来ます。また、ほぼ一日中電話対応を受けているので、どんな時間にかけたとしても、スタッフの誰かが対応してくれるのです。それなら、仕事が終わる夕方あたりに退治依頼の電話をかけても問題なく対応してくれるのです。