自力だと怪我する可能性が否めないのでプロへ要相談【イタチ退治はレベル高め】

手続きが必要になる

イタチ

イタチは、見た目に反してかなり獰猛な生物です。フェレットやプレーリードッグのように、細長で短足な生き物な割に、雑食で何でも口にしてしまいます。大体食べる物を挙げてみると、うさぎや鶏などの農村の庭先で飼っているような動物ですまた、カエルやザリガニ、魚、昆虫、そして果物など目についたものをなんでも食べてしまうのです。動物の肉や固い果物に至るまでかじり尽くす為の鋭い牙が特徴的なので、安易に手や指先を前に差し出さない方が安全です。庭先で、何らかの簡単な果物を栽培していたり、動物を外で飼っている場合は、イタチの被害に合わないように何らかの対策が必要になります。先程も言った通り、イタチは、自分より体の大きい動物を捕食する修正があるからです。それに、イタチにはダニやノニといった寄生虫を大量に付着しているので、姿が見えなくても何らかの食害や家の壁が破損している場合は、早急に退治した方が見のためになります。
イタチを専門の退治業者に依頼する場合は、業者に全部任せた方が良いですが、個人で退治する場合は話が別になります。害獣であれ、鳥獣保護法の元で捕獲や退治が制限されてしまいます。そのため、退治前には、居住地域内にある自治体施設に、捕獲または退治の申請許可をもらわなければいけません。しかも、必要な書類提出以外にも、退治が必要かどうかの審査も行われるので、場合によっては許可がおりない場合があります。
退治前に、そのような手続が面倒に感じたら、専門の退治業者への依頼に切り替えるのも悪くありません。