自力だと怪我する可能性が否めないのでプロへ要相談【イタチ退治はレベル高め】

学習能力が高い生き物

作業員の男性

イタチは、意外と動物の中でも知能が高いタイプの生物です。そのため、個人でイタチ退治を行なう場合は、中途半端に終わらせない方がいいでしょう。販売されている捕獲用具などはホームセンターなどでたくさん見かけられますが、それらを使用して中途半端な退治活動をすると、帰って逆効果になるでしょう。例えば、侵入口に毒入りの餌や捕獲用のケージを設置したとして失敗した場合、学習能力の高いイタチは、罠に近寄らなくなるでしょう。その後に、専門の退治業者に依頼したとしても、退治の難易度が大幅に上がってしまい、プロのスタッフをもってしてでも、時間がかかってしまうものです。そのため、頭の良いイタチに打ち勝つには、捕獲機能の高いケージや効果の高い駆除剤の購入や、すぐに出て行きたくなる環境づくりが大切です。
効果的なイタチ退治なら、捕獲用のケージや忌避剤は勿論、住処としている部分に光を当てるのも最適です。なんせ、イタチは基本的には夜行性なので、夜の暗い時間帯に活発に活動するのです。そのため、強い光があたってしまうと、イタチは人間に見つかったと勘違いして、逃げ出してしまうのです。夜行性と野生動物ならではの危機察知能力という習性を利用した、手を汚さない退治方法と言えるでしょう。それなら、自治体に退治申請をわざわざ出さなくても、光の力によって追い払うという名目で退治できるのです。捕獲ケージや忌避剤同様に、光を発する忌避装置はホームセンタ―などで販売されています。光の力でイタチの包囲網を作り出しましょう。